行政では押印不要もはんこ文化の振興は協力 河野行政改革相

行政では押印不要もはんこ文化の振興は協力 河野行政改革相
河野行政改革担当大臣は、閣議のあとの記者会見で、行政手続きでの押印を可能なかぎり不要とする方針について、はんこの業界団体から理解を得られたという認識を示したうえで、はんこの文化面での振興などに協力していく考えを改めて示しました。
デジタル化を推進する一環として、河野行政改革担当大臣は、すべての府省庁に対し、行政手続きでの押印を可能なかぎり不要とするよう求めています。

河野大臣は、閣議のあとの記者会見で、28日、はんこの業界団体の幹部と会談したことについて、「行政の手続きの中で、不要なはんこは廃止することにご理解をいただいたと思っている」と述べ、業界団体の理解を得られたという認識を示しました。

そのうえで、「蔵書印とか落款印とか、自分も使っているはんこはある。文化的な側面もあるので、はんこ文化を振興していくお手伝いは、積極的にやっていきたい」と述べました。