東京 板橋区の工事現場でコンクリート壁崩れ 1人死亡1人けが

東京 板橋区の工事現場でコンクリート壁崩れ 1人死亡1人けが
k10012639451_202009291253_202009291255.mp4
29日昼前、東京 板橋区の工事現場でコンクリート製の壁が崩れ、作業をしていた男性が下敷きになって死亡したほか、別の作業員の男性1人がけがをしました。警視庁は亡くなったのは50代の現場責任者ではないかとみて身元の確認を進めています。
29日午前11時50分ごろ、板橋区成増の住宅の工事現場で、高さ数メートル、長さおよそ15メートルのコンクリート製の壁が突然崩れました。

警視庁によりますと、この事故で、現場で作業をしていた男性が崩れた壁の下敷きになり、その場で死亡したということです。

また、救助しようとした別の作業員の男性1人が頭を打つけがをしました。

警視庁は、亡くなったのは50代の現場責任者ではないかとみて身元の確認を進めています。

2人は当時、ほかの作業員とともに壁を補強する工事を行っていたということで、警視庁が当時の状況を詳しく調べています。

現場は東武東上線の成増駅から北東におよそ600メートル離れた住宅地の一角です。