愛知 犬山「東洋紡」犬山工場で火災 男性社員2人死亡 1人けが

愛知 犬山「東洋紡」犬山工場で火災 男性社員2人死亡 1人けが
k10012637711_202009280718_202009280719.mp4
27日、愛知県犬山市にある大手化学繊維メーカーの工場から火が出て建物や機械が焼け、男性社員2人が死亡、1人がけがをしました。
27日午後9時ごろ、愛知県犬山市にある大手化学繊維メーカー「東洋紡」の犬山工場の守衛室から、「建物から煙が出ている」と消防に通報がありました。

消防車など17台が出て、火は10時間余りたった、28日午前8時前に消し止められましたが、鉄骨2階建ての建物と中にある機械が焼けました。

警察によりますと、この火災で、建物の中にいた男性社員3人が病院に運ばれましたが、このうち愛知県一宮市に住む高橋清文さん(55)と、岐阜市の町方暁彦さん(37)の2人が一酸化炭素中毒で死亡し、34歳の男性社員がのどなどに軽いやけどをしました。

工場によりますと、この建物では食品を包装するフィルムを製造していて、火災報知機が鳴ったため近くにいた社員が確認したところ、合成樹脂を熱処理して引き伸ばす機械から煙が出ていて、初期消火を行おうとしましたが勢いの強い煙に巻かれたということです。

現場は、犬山市役所から西におよそ2キロの工場の周りに住宅が建ち並ぶところで、警察と消防が現場検証をして詳しい状況と原因を調べることにしています。