中央道で高速バス火災 けが人なし

中央道で高速バス火災 けが人なし
k10012635441_202009252211_202009252211.mp4
25日夜、東京・調布市の中央自動車道で、走行中の高速バスから火が出ました。東京消防庁などによりますと、バスには乗客と運転手、合わせて6人が乗っていましたが、けが人はいないということです。
東京消防庁などによりますと、25日午後8時50分ごろ、調布市深大寺にある中央自動車道上り線のバス停付近で、山梨県身延町から新宿に向かっていた高速バスから火が出ました。

消防車8台が駆けつけて消火にあたり、およそ1時間後に消し止められました。

バスには乗客と運転手、合わせて6人が乗っていましたが全員避難し、けが人はいなかったということです。

火が出たのは京王バスが運行する高速バスで、乗客は「運転席付近から火が出た」と話しているということで、警視庁と東京消防庁が
当時の状況や原因を詳しく調べています。