東北と北海道 26日にかけ大雨のおそれ 暴風や土砂災害に警戒を

東北と北海道 26日にかけ大雨のおそれ 暴風や土砂災害に警戒を
低気圧や前線の影響で、東北や北海道で局地的に雨が強まっています。低気圧が接近する東北と北海道の太平洋側では、26日にかけて風が強まって、激しい雨が降るおそれがあり、暴風や高波のほか、土砂災害に警戒が必要です。
気象庁によりますと、前線を伴った低気圧の影響で、東北や北海道を中心に大気の状態が不安定になり、ところによって雨や風が強まっています。

東北や北海道の太平洋側ではこれから26日にかけて局地的に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。

26日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽東北の太平洋側で130ミリ
▽北海道の太平洋側で120ミリと予想され、
さらに27日の夕方までの24時間では
▽北海道で50ミリから100ミリの雨が降ると予想されています。

低気圧に近い東北と北海道では、太平洋側の海上を中心に非常に強い風が吹き、海は大しけとなるところがある見込みです。

26日にかけての最大風速は、
▽北海道で25メートル、
▽東北で23メートルで、
最大瞬間風速は
▽いずれも35メートルに達すると予想されています。
気象庁は、暴風や高波、土砂災害に警戒するとともに、低い土地の浸水や川の増水にも十分注意するよう呼びかけています。

和歌山 みなべ町 住宅2棟が床上浸水

和歌山県みなべ町では大雨で土砂が水路に流れ込んで水があふれ、住宅2棟が床上浸水する被害が出ました。

みなべ町によりますと25日午前9時ごろ、埴田地区で大雨で道路脇の斜面が崩れて土砂が水路に流れ込み、付近に水があふれ出して住宅2棟が床上まで浸水しました。

浸水した住宅では2人が外に出られなくなりましたが、いずれも消防に救助されけがはないということです。

救助された50代の男性は「こんなことは初めての経験で驚きました。腰の近くまで水が来て恐怖を感じました」と話していました。

和歌山 みなべ町 土砂崩れ けが人なし

和歌山県の日高広域消防組合に入った情報によりますと大雨の影響で25日午前9時ごろ、和歌山県みなべ町で道路脇の斜面が崩れたということです。

これまでのところ人が巻き込まれたという情報はないということで消防が詳しい状況を確認しています。