山口達也さんを釈放 警察 本人立ち会いで自宅を捜索

山口達也さんを釈放 警察 本人立ち会いで自宅を捜索
k10012633501_202009250533_202009250535.mp4
22日、酒気帯び運転の疑いで逮捕された、人気グループ「TOKIO」の元メンバー、山口達也さん(48)が、24日夜、釈放されました。警視庁は本人を立ち会わせて都内にある自宅マンションを捜索し、裏付け捜査を進めています。
「TOKIO」の元メンバー、山口達也さんは、22日、都内で酒を飲んだ状態でバイクを運転したとして、酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。

信号待ちをしていた車に追突する事故を起こし、呼気から基準の5倍のアルコールが検出されたということです。

検察は身柄の勾留を請求しましたが、東京地方裁判所は24日、勾留を認めない決定を出しました。

検察は決定を不服として準抗告しましたが、裁判所はこれを退け、山口さんは24日午後10時ごろに釈放されました。

山口さんは、午後10時ごろに警視庁本部から黒いTシャツとジーンズ姿で現れ、そのまま迎えの車に乗り込みました。車内はカーテンが閉められ、中の様子をうかがうことはできませんでした。  

一方、警視庁は、そのおよそ1時間後に、本人を立ち会わせて都内にある自宅マンションを捜索し、当時の状況などについて裏付け捜査を進めています。

山口さんを乗せた車は午後10時45分ごろ、都内の自宅マンションに到着しました。集まった報道陣の問いかけには応じず、段ボール箱を持った警視庁の捜査員らとともに、足早にマンションの中へ入っていきました。

警視庁によりますと、これまでの調べに対し「前日の夜9時ごろから自宅で焼酎をロックで5、6杯飲んだ。飲んだあとの記憶はなく、午前9時ごろに起きて自宅を出た。体がだるく、酒が残っている自覚はあったが、事故さえ起こさなければ大丈夫だろうと思っていた」などと供述しているということです。

釈放後に関係先の捜索は異例

捜査関係者によりますと、容疑者が釈放されたあとに関係先の捜索が行われるのは異例だということです。

山口さんはこれまでの調べに対し、飲酒運転をした当時の状況について「体がだるく、酒が残っている自覚はあったが、事故さえ起こさなければ大丈夫だろうと思っていた」などと供述していましたが、24日になって供述の一部に変化が見られたということです。

また、飲酒の状況については「前日の夜9時ごろから自宅で焼酎をロックで5、6杯飲み、その後、寝た」と供述しているということですが、呼気から基準の5倍のアルコールが検出されたのは翌日の午前9時半ごろで、「供述に矛盾があるのではないか」と指摘する捜査関係者もいます。

裁判所は検察の請求に対し勾留を認めない決定を出しましたが、釈放後に捜索が行われた背景には、供述の内容などから裏付け捜査を徹底する必要があるという判断があったものとみられます。