台風12号は温帯低気圧に 東北の太平洋側 25~26日大雨のおそれ

台風12号は温帯低気圧に 東北の太平洋側 25~26日大雨のおそれ
台風12号は温帯低気圧に変わりましたが、東北の太平洋側では、25日から26日にかけて、大雨になるおそれがあるほか、西日本でも別の低気圧の影響で、非常に激しい雨が降るおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水などに十分な注意が必要です。
気象庁によりますと、台風12号は、関東の東の海上で停滞を続け、24日午後3時、温帯低気圧に変わりました。

24日の未明以降、台風の位置はほとんど変わりませんでしたが、この理由について気象庁は、台風の北側にある高気圧が北上をおさえた可能性があるとして、今後、分析を進めることにしています。

東北の太平洋側 26日にかけ大雨のおそれ

温帯低気圧は25日、三陸沖を北上するため、東北の太平洋側を中心に、25日の昼すぎから雨が強まり、26日にかけて大雨になるおそれがあります。

25日夕方までの24時間に降る雨の量は、東北の太平洋側の多いところで100ミリと予想されているほか、その後、26日夕方までの24時間に北海道の太平洋側とオホーツク海側、それに東北の太平洋側で、100ミリから150ミリの雨が降ると予想されています。

海上中心に風の強い状態続く見込み

また、関東と、北日本の太平洋側では、海上を中心に、風の強い状態が続く見込みです。

25日にかけての最大風速は、
▽北日本の太平洋側で23メートル、
▽関東で20メートルと予想され、
最大瞬間風速は、
▽北日本の太平洋側で35メートル、
▽関東で30メートルと予想されています。

波も高く、25日にかけては、
▽東北の太平洋側で7メートル、
▽伊豆諸島と関東、それに北海道の太平洋側で、6メートルと予想されています。

大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意するとともに強風や高波にも十分注意が必要です。

別の低気圧が東進 非常に激しい雨のおそれも

一方、九州付近には前線を伴った低気圧があり、この時間、九州南部では雨が強まっています。

この低気圧が25日にかけて東へ移動する見込みで、四国や近畿では25日にかけて、局地的に雷を伴い、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

25日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽四国で200ミリ、
▽近畿で150ミリと予想されています。

気象庁は西日本でも、土砂災害や低い土地の浸水、それに川の増水に十分注意するよう呼びかけています。