三笠宮妃 百合子さまが肺炎で入院 数日前からせきなどの症状

三笠宮妃 百合子さまが肺炎で入院 数日前からせきなどの症状
k10012632841_202009241820_202009241824.mp4
皇室最高齢で97歳になる三笠宮妃の百合子さまは、数日前からせきなどの症状が見られ、東京都内の病院で診察を受けたところ、肺炎と診断されて、そのまま入院されました。
宮内庁によりますと、三笠宮妃の百合子さまは、数日前から体のだるさやせきの症状が見られていましたが、24日午後、東京 中央区の聖路加国際病院で月に1回程度の定期検診を受けたところ、肺炎と診断されました。

百合子さまは、熱は無く意識ははっきりしていて、投薬による治療を受けられるということで、入院は1週間程度になる見通しだということです。

百合子さまは去年1月、インフルエンザと診断されて2週間余り入院したほか、ことし2月にも白内障の手術を受けるため入院されています。