台風12号 関東の南東海上で停滞 土砂災害や強風など十分注意

台風12号 関東の南東海上で停滞 土砂災害や強風など十分注意
k10012631761_202009241208_202009241227.mp4
台風12号は関東の南東の海上で停滞し、伊豆諸島や関東の沿岸部を中心に風の強い状態が続いています。
東北の太平洋側では24日夜から雨が強まって、26日にかけて雨量が増えるおそれがあります。
土砂災害や強風、高波などに十分な注意が必要です。
気象庁によりますと、台風12号は、千葉県銚子市の南南東の海上にあって、ほとんど停滞しているとみられます。

中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の西側500キロ以内と東側390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は、このあと北寄りに進路を変え、25日の朝までには温帯低気圧に変わる見込みです。

関東の沿岸部や伊豆諸島ではやや強い風が吹いていて、この3時間では、いずれも伊豆諸島の三宅島の坪田で午前11時すぎに25.7メートル、八丈島で午前10時半ごろに23.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。

東北 太平洋側中心に25日にかけ断続的に激しい雨

東北の太平洋側を中心に、24日夜から雨が強まり、25日にかけて断続的に激しい雨が降るおそれがあります。

25日昼までの24時間に降る雨の量は、東北の太平洋側の多いところで100ミリと予想され、
その後、25日昼から26日昼までの24時間には、
▽東北の太平洋側で100ミリから150ミリ、
▽北海道で50ミリから100ミリの雨が降ると予想されています。

海上中心に風の強い状態

また、関東と、北日本の太平洋側では、海上を中心に風の強い状態が続く見込みです。

25日にかけての最大風速は、
▽関東と、北海道の太平洋側で23メートル、
▽伊豆諸島と、東北の太平洋側で20メートルと予想され、
最大瞬間風速は、
▽関東と、北海道の太平洋側で35メートル、
▽伊豆諸島と、東北の太平洋側で30メートルと予想されています。

東北と北海道のいずれも太平洋側では、26日も風が強く、
▽最大風速は20メートルから24メートル
▽最大瞬間風速は25メートルから35メートルと予想されています。

波も高く、25日にかけては、
▽関東や、東北の太平洋側では7メートル、
▽伊豆諸島や、北海道の太平洋側で6メートルで、
26日にかけても東北と北海道の太平洋側では7メートルと大しけが続く見込みです。

東北を中心に雨による土砂災害や低い土地の浸水に十分注意するとともに、北日本の太平洋側や関東の沿岸部では強風や高波に十分注意が必要です。