日本など4か国外相ら 常任理事国入り目指し相互に支持を確認

日本など4か国外相ら 常任理事国入り目指し相互に支持を確認
日本、ドイツ、ブラジル、インドの4か国の外相らがオンライン形式で会合を開き、国連安全保障理事会の常任理事国入りを目指すそれぞれの立場を相互に支持することを確認するとともに、4か国で連携して具体的な成果を追求していく方針を確認しました。
国連安全保障理事会の常任理事国入りを目指す日本、ドイツ、ブラジル、インドの4か国の外相らは、日本時間の23日夜、オンライン形式で会合を開き、日本からは茂木外務大臣が参加しました。

この中で4か国の外相らは、先に開かれた国連の創設75年を記念する会合で、安全保障理事会の改革の必要性に触れた政治宣言が採択されたことを踏まえ、世界が直面する複雑な課題に対応するためには常任理事国の拡大を含む改革が不可欠だという認識で一致しました。

そのうえで、4か国は国際平和の維持に責任を負う能力と意思を有しているとして、常任理事国入りを目指すそれぞれの立場を相互に支持することを確認しました。

また、4か国の外相らは、2009年に始まった安保理改革に関する政府間交渉に前進が見られないとして懸念を表明し、4か国で連携して具体的な成果を追求していく方針を確認しました。