サル逃走の騒動 動物園のフェンス切断したとして少年逮捕 千葉

サル逃走の騒動 動物園のフェンス切断したとして少年逮捕 千葉
k10012631581_202009232216_202009232217.mp4
ことし6月、千葉県富津市の動物園でニホンザルを飼育していた、おりのフェンスを切断したとして16歳の少年が逮捕されました。動物園では、この影響でおよそ70頭のサルが逃げ出す騒動になっていました。
逮捕されたのは千葉市花見川区に住む自称・高校生の16歳の少年です。

警察によりますと、ことし6月、富津市が運営する高宕山自然動物園でニホンザルを飼育していたおりのフェンスを切断し穴を開けたとして器物損壊の疑いが持たれています。

市からの届け出を受けて警察が捜査したところ、防犯カメラの映像などから少年を特定したということです。

調べに対し「工具で切断した」などと容疑を認めているということで、警察は詳しいいきさつを調べています。

当時、動物園では去年9月の台風の影響でニホンザルの飼育スペースの柵が倒れ仮設のおりをつくったばかりで、穴を開けられたことでおよそ70頭のサルが逃げ出す騒動になっていました。

交雑が懸念されていた

富津市によりますと、高宕山自然動物園の周辺には外来種のアカゲザルが生息していて、逃げ出したニホンザルと交雑すると固有の遺伝子に影響を及ぼすおそれがあると懸念されていました。

今回、逃げ出したおよそ70頭のニホンザルは、これまでにすべて捕獲されたということです。

富津市商工観光課では「また金網を破られるかもしれないと心配していたので逮捕されてほっとした」と話しています。