菅首相とIOCバッハ会長 東京大会の実現に向け緊密協力を確認

菅首相とIOCバッハ会長 東京大会の実現に向け緊密協力を確認
菅総理大臣は、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長と就任後初めて電話会談を行い、アスリートや観客にとって安心・安全な東京大会の実現に向けて、今後も緊密に協力していくことを確認しました。
菅総理大臣は、23日夕方、およそ15分間、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長と、就任後初めてとなる電話会談を行いました。

この中で菅総理大臣は、安倍前総理大臣とともに東京大会の招致の段階から一貫して関わってきていて、現在直面している危機の克服に向けて、引き続き協力したいという考えを示しました。

これに対しバッハ会長は、菅総理大臣の就任に祝意を伝えたうえで「東京大会の安全かつ成功裏の開催に向けて、協力できることを楽しみにしている」と応じました。

また、バッハ会長は「大会は歴史的なものであり、さまざまな困難を乗り越えてきた日本国民に、希望をもたらすものと考えている」と述べるとともに、近い将来、日本を訪れたいという意向を示しました。

一方、菅総理大臣は、新型コロナウイルス対策について、開催国の政府として、大会組織委員会や東京都と調整会議を立ち上げ、総合的な検討に着手したと説明しました。

そして、両氏はアスリートや観客にとって安心・安全な大会の実現に向けて、今後も緊密に協力していくことを確認しました。

会談に同席した橋本担当大臣は、記者団に対し「非常に和やかで前向きな会談だった。東京大会の成功に向けて、意思統一がなされたのではないか」と述べました。

バッハ会長「大会のコロナ感染防止策で協力を確認」

菅総理大臣との初めての会談をオンラインで行ったIOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は「非常に友好的で、実りある会談を行うことができた。来年の東京オリンピックの成功に向け全力を傾けることを再確認したほか、大会組織委員会や東京都と緊密に連携し、すべての関係者のための安全な環境を確保するために、大会の新型コロナウイルス感染防止策の策定に向けて互いに協力していくことを確認した」というコメントを出しました。