横浜FC 53歳の三浦知良 J1最年長出場記録 更新

横浜FC 53歳の三浦知良 J1最年長出場記録 更新
サッカーJ1、横浜FCに所属する53歳の三浦知良選手が23日夜の川崎フロンターレ戦に先発出場しJ1の最年長出場記録を大幅に更新しました。
横浜FCの三浦選手は23日夜、川崎市の等々力競技場で行われたフロンターレ戦にキャプテンとして先発出場し、2007年12月以来、13年ぶりにJ1の舞台でプレーしました。

三浦選手は53歳6か月と28日でのJ1出場となり、中山雅史選手が2012年11月に45歳2か月1日で達成したJ1最年長出場記録を8歳以上、更新しました。

フォワードの三浦選手は前線から積極的にボールを追いかけ、前半35分すぎにはディフェンスを背負いながら体を投げ出して左サイドの味方にパスを送るなど、攻撃の起点にもなりました。

しかし、23日の試合では得点を挙げることはできず、後半11分に途中交代しました。

カズ「責任を持ったプレーをしようとグラウンドに立った」

J1の最年長出場記録を大幅に更新した三浦知良選手は「クラブや監督を含めたスタッフ、選手のおかげでJ1の舞台に立つことができた。みんなに感謝したい」と話しました。

三浦選手は下平隆宏監督やほかの選手に頼まれてキャプテンマークを巻いてゲームに臨んだことを明かし「みんなの気持ちを腕章に込め、責任を持ったプレーをしようとグラウンドに立った」と振り返りました。

そのうえで「首位のフロンターレを相手に11人で守る意識を高く、コンパクトに粘り強くやろうと思っていた。やられたシーンも多かったができたこともあったので次につながると思う。23日の試合は相手のペナルティエリアでの仕事が少なかったので、自分としてはもの足りなかった。僕自身、次のリーグ戦に出場できるようチャンスを勝ち取りたい」と次を見据えていました。

横浜FC 下平監督「若い選手たちによい影響」

横浜FCの下平隆宏監督はJリーグの最年長出場記録を更新した三浦知良選手などベテラン勢のプレーについて「過密日程でけが人も多く同じメンバーでは戦い続けられないという事情の中、“カズさん”などベテランの力が必要だった。経験豊富な選手たちのプロフェッショナルなプレーは若い選手たちなどにもよい影響をもたらし、チームの成長、底上げにつながると思う」と話しました。

そのうえで「首位の川崎フロンターレに対し、選手たちは粘り強く戦い2得点を奪って相手を追いめた。自信になる試合になったと思う」とベテランに引っ張られて奮闘した選手たちをたたえていました。

Jリーグ 村井チェアマン「選手、子どもたちの大きな光に」

サッカーJリーグの村井満チェアマンは、三浦知良選手がJリーグの最年長出場記録を更新したことについて「日々、プロサッカー選手としての体づくりに正面から向き合われた、まさに努力のたまものだと思う。歴史に残る偉大な記録は現役のすべての選手、そして未来の選手を目指す子どもたちにとって、これからの挑戦の先にある大きな光になるでしょう。“カズさん”の存在は私たちの誇りでもあります。今後のさらなる活躍を期待しています」というコメントを出しました。

コロナによる異例の過密日程でベテランに好機

三浦知良選手が最年長出場記録を更新した背景の1つに、新型コロナウイルスによる異例の過密日程があります。

今シーズン、J1の各チームは新型コロナウイルスの影響による中断があったため第2節以降の33試合をおよそ6か月間で消化する必要があり、各チームの監督は若手選手を積極的に起用するなどして選手のコンディションに気を配っています。

13シーズンぶりにJ1の舞台で戦う横浜FCの下平隆宏監督も19歳の斉藤光毅選手をはじめルーキーの23歳、松尾佑介選手などの若手を起用しながらチームで初めてJ1での3連勝をマークするなど前半戦を14位で折り返しました。

ただ、今週の横浜FCは、▽今月20日に大分市で大分トリニータ戦をこなしたあと▽関東に戻って中2日で23日夜の川崎フロンターレ戦、さらに▽中2日で26日に浦和レッズ戦を控えていて、1週間で3試合が組まれる特にハードなスケジュールになっています。

このため22日の会見で下平監督は「中2日での試合が続くのでベテラン選手の力が必要だ」として幅広い選手起用を進める意向を改めて明らかにしていました。

さらに下平監督は「経験豊富な選手たちのプレーは若い選手にもいい影響をもたらし、チームの底上げにつながる」として23日は前回のトリニータ戦の先発メンバーから7人を入れ替え、53歳の三浦選手のほか、42歳の中村俊輔選手、それに39歳の松井大輔選手の元日本代表のベテランをそろって先発起用しました。

過密日程によって幅広い選手起用を求められる中、今後のチームの実力向上も見据えて日本を代表するベテラン選手たちを投入したのです。

試合は競り負けましたが、23日は中村選手がコーナーキックでアシストを記録したほか、3人は攻撃の起点になるなどそれぞれが起用に応えるプレーを見せ、下平監督もねらいどおりにチームに前向きな効果をもたらすことができたと手応えを口にしていました。