世界の大手銀行が20年近くにわたり資金洗浄関与か ICIJ報告書

世界の大手銀行が20年近くにわたり資金洗浄関与か ICIJ報告書
世界各国の記者で作る団体は、アメリカの当局の内部文書を分析した結果として、世界の大手銀行が20年近くにわたり巨額の資金洗浄などに利用されていた疑いがあるとする報告書を公表しました。
これはアメリカに本部を置くICIJ=国際調査報道ジャーナリスト連合が20日、アメリカのニュースサイト、バズフィードが入手したアメリカ当局の内部文書を分析した結果として公表したものです。

内部文書には大手銀行のコンプライアンス部門から資金洗浄や犯罪行為の可能性があると報告された取り引き情報が記載されていて、その額は1999年から2017年までの間に合わせて2兆ドル、日本円で209兆円を超えるということです。

主な金融機関として、ドイツ銀行や、イギリスのHSBC、それにアメリカのJPモルガン・チェースなどの名前が挙げられていて、ICIJは報告された取り引きのすべてが不正行為の証拠ではないものの、これらの金融機関は当局から警告を受けたあとも取り引きを続け、巨額の資金を動かしていたと指摘しています。

このうちドイツ銀行はNHKの取材に対し、「ICIJの報告は過去の事例に関するものだ。われわれは現在、金融犯罪や資金洗浄との闘いに巨額の投資をし、管理を強化している」とコメントしています。

報告書の公表を受けて21日のヨーロッパの株式市場では、ドイツ銀行やHSBCの株価が大幅に値下がりしました。