電動バイク活用に向け 企業間で新たな動きも

電動バイク活用に向け 企業間で新たな動きも
k10012629561_202009221508_202009221509.mp4
地球温暖化対策として二酸化炭素の排出量を減らすため、関西の企業のあいだでは電動バイクと交換式の電池を活用する取り組みが動き出しています。
大阪に本社がある大手ガス会社の岩谷産業や日本マクドナルドなどは関西電力と協力し、今月18日から京都市内で業務で使うガソリンのバイクを一部、電動バイクに置き換えました。

市内の6つの事業所などに12台の電動バイクを用意し、来年4月以降は交換式電池を各社で共有します。

電池が切れそうになったら、他社のものでも交換できるよう体制を整備するということです。

電動バイクの課題は充電に時間がかかり、走行距離が短いことです。

電池を複数の企業で交換できるようにすることで課題を解消し、普及をはかることで二酸化炭素の排出量を減らすねらいがあります。

電動バイクをめぐっては、ホンダやヤマハ発動機などメーカー4社と大阪大学が、キャンパスやコンビニに交換式電池を置いて電動バイクの利便性を確認する実証実験を今月から始める予定で、普及に向けた取り組みが動き出しています。