住宅全焼 2人の遺体見つかる この家に住む子どもか 宮崎 西都

住宅全焼 2人の遺体見つかる この家に住む子どもか 宮崎 西都
21日夜、宮崎県西都市で住宅と倉庫が全焼する火事があり、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。
警察は、亡くなったのはこの家に住む子ども2人とみて確認を進めるとともに、22日、検証を行って火事の原因を調べることにしています。
21日午後7時半ごろ、西都市南方で「建物の2階が燃えている」と近くに住む人から通報がありました。

火はおよそ3時間後に消し止められましたが、会社員の井上耕一さん(60)の住宅1棟と倉庫2棟が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。

警察によりますと、井上さんは長女夫婦と、3人の孫の合わせて6人で暮らしていて、出火当時、井上さんと長女夫婦は外出中で、家には3人の孫がいたとみられていますが、このうち、9歳の小学4年生の男の子と、3歳の保育園児の女の子と連絡が取れなくなっているということです。

また、13歳の中学1年生の男の子が、火事の際、住宅の2階から飛び降りて腰の骨を折るけがをしたということです。

警察は、亡くなったのは連絡が取れなくなっている子ども2人とみて確認を進めるとともに、22日に検証を行って火事の原因を調べることにしています。