港で停車中の車が海に転落 夫婦が死亡 北海道 岩内町

港で停車中の車が海に転落 夫婦が死亡 北海道 岩内町
k10012628521_202009211206_202009211207.mp4
21日未明、北海道岩内町の港でワゴン車が海に転落し乗っていた夫婦が死亡しました。夫婦は釣りをするためにこの港を訪れ、車中泊をしようと車を止めていたということで、警察は事故の状況を詳しく調べています。
21日午前0時半ごろ、北海道岩内町大浜の港で、岸壁に停車していたワゴン車が前に動き出し、海に転落しました。

警察によりますと、この事故で車に乗っていた札幌市豊平区の理容師、小林亨さん(53)と妻で看護師の陽子さん(47)が、意識不明の重体となり病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。

小林さん夫婦は友人の女性と3人で釣りをするためにこの港を訪れ、車中泊をしようと岸壁に車を止めていましたが、友人が車から降りようとしたところ、車が前に動きだし海に転落したということです。

友人の女性は、すぐに車外に出てけがはないということです。

現場は多くの釣り人が訪れる岸壁で、現場の状況から車は高さ15センチほどの車止めを乗り越えて海に転落したものとみられ、警察は事故の状況や原因を詳しく調べています。

事故当時、現場近くにいたという釣り人の男性は「テントの中にいたら、岸壁にあった釣りざおに車があたるガシャーンという大きな音が聞こえた。外を見たら岸壁から30メートル先の海に車がブクブクと沈んでいる様子が見えた」と話していました。