菅首相 米トランプ大統領と初の電話会談 緊密に連携で一致

菅首相 米トランプ大統領と初の電話会談 緊密に連携で一致
k10012628191_202009210010_202009210010.mp4
菅総理大臣は、20日夜、就任後初めて、アメリカのトランプ大統領と電話会談を行い、日米同盟をいっそう強化し、地域の平和と安定のために緊密に連携していくことで一致しました。
菅総理大臣就任後、初めてとなる日米首脳電話会談は、日本側の申し出で、20日午後9時半すぎから、およそ25分間行われました。

この中で、菅総理大臣は、「日米同盟は、地域や国際社会の平和と安定の礎であり、安倍前総理大臣とトランプ大統領の深い信頼関係のもとでかつてなく強固になった日米同盟をいっそう強化していきたい」と述べました。

これに対し、トランプ大統領は、総理大臣就任への祝意を述べたうえで、「私も全く同感で、ともに日米同盟をいっそう強固なものにしていきたい」と応じました。

そして、両首脳は、新型コロナウイルスの感染を早期に収束させるため引き続き、治療薬やワクチンの開発や普及に協力していくことで一致したほか、アメリカが対立を深めている中国との関係も含めた地域情勢についても意見を交わし、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて緊密に連携していくことを確認しました。

一方、拉致問題については、菅総理大臣が、早期解決に向け果断に取り組む考えを示し、引き続き、全面的な支援を要請したのに対し、トランプ大統領は「拉致問題を含む北朝鮮問題についても、緊密に連携したい」と応じました。

また、トランプ大統領は、菅総理大臣に対し、「必要があれば24時間いつでも連絡してほしい」と伝え、両首脳は、早期に直接会って会談したいという意向を確認しました。

会談に同席した坂井官房副長官は、両首脳が、「菅総理大臣」、「トランプ大統領」と呼び合ったと説明したうえで、「それぞれの呼び名やゴルフ外交の話はなかったが、極めてフレンドリーで親しい雰囲気の中での会談だった」と述べました。

菅首相「非常に手応えを感じている」

会談のあと、菅総理大臣は、記者団に対し、「トランプ大統領からは、『ともに日米同盟をいっそう発展させていこう』と要請をいただいた。私からは、『日米同盟は、まさに地域の平和と安定のための基盤だ』と伝え、連携していくことで一致した」と述べました。

菅総理大臣は、「早速、アメリカと連携していくことで一致し、非常に手応えを感じている。これを機会に各国の首脳と電話会談を行い、日本の立ち位置を理解してもらい、連携を深めたい」と述べました。

これに先だって、菅総理大臣は、オーストラリアのモリソン首相とも、およそ20分間、電話会談を行い引き続き、日豪両国で協力していくことで一致しました。