女子ゴルフ国内ツアー 20歳の古江彩佳が優勝 プレーオフ制す

女子ゴルフ国内ツアー 20歳の古江彩佳が優勝 プレーオフ制す
女子ゴルフの国内ツアーの大会は愛知県で最終ラウンドが行われ、20歳の古江彩佳選手がプレーオフを制して優勝しました。
古江選手は通算11アンダーで首位に並んでスタートし、20日の最終ラウンドはバーディー4つ、ボギーなしで回って通算15アンダーにスコアを伸ばしました。

古江選手と並んで首位でスタートした東浩子選手も同じくバーディー4つ、ボギーなしで回って通算15アンダーで並び、勝負はプレーオフに持ち込まれました。

プレーオフは1ホール目で古江選手がバーディーを決め、パーだった東選手を振り切りました。古江選手のツアー大会での優勝はアマチュアだった去年10月の大会以来で、プロ転向後は初めてです。

古江選手は「うれしい。後半は緊張した。プレーオフは攻めるしかないと思った」と話していました。

台湾のサイ・ペイイン選手が4打差で3位となり、さらに1打差の4位に藤田さいき選手が入りました。

今シーズン2勝を挙げている19歳の笹生優花選手は通算8アンダーで、昨シーズンの賞金女王、鈴木愛選手などと並んで8位でした。