トランプ大統領宛ての郵便物から猛毒リシン検出か 米メディア

トランプ大統領宛ての郵便物から猛毒リシン検出か 米メディア
k10012627421_202009201310_202009201315.mp4
アメリカの複数のメディアは、トランプ大統領宛ての郵便物から猛毒のリシンが検出されたと伝えました。報道を受けてFBI=連邦捜査局は「アメリカ政府の施設に届いた不審な手紙について、捜査を進めている」と声明をだしています。
CNNテレビなど、アメリカの複数のメディアは19日、司法当局者の話として、トランプ大統領宛ての郵便物から猛毒のリシンが検出されたと伝えました。

ホワイトハウスに届けられるすべての郵便物は、ホワイトハウスから離れた施設で検査を受けることになっており、CNNによりますと、リシンは今週前半に行われた検査で検出されたということです。

報道を受け、FBIは声明を発表し、「アメリカ政府の施設に届いた不審な手紙について、FBIとシークレットサービスが捜査を進めている」としています。

猛毒のリシンをめぐっては、2013年に当時のオバマ大統領宛てにリシンが入った封筒を送りつけたとして、南部テキサス州に住む女が禁錮18年の判決を受けたほか、おととしには、リシンが抽出される植物の種が国防総省などに送りつけられる事件がありました。