タイ バンコクで反政府デモ続く 憲法改正や王制改革など訴え

タイ バンコクで反政府デモ続く 憲法改正や王制改革など訴え
反政府デモが続いているタイで、プラユット政権が発足して以来、最大規模の抗議デモが19日から、首都バンコクで行われています。若者たちは警察の防護を突破して王宮前の広場を占拠し、憲法改正や王制改革などを訴えました。
タイでは、軍事クーデターを主導したプラユット首相が、去年の総選挙の後も引き続き政権を率いて、軍の影響力を背景に強権的な姿勢をとっているとして、若者たちが反政府デモを続けていて、国王が現政権を追認しているなどと批判して王制改革まで訴えています。

若者たちは19日、首都バンコクのタマサート大学の敷地内に突入したあと、警察の防護を突破して、隣接する王宮前の広場も占拠し、集会を開きました。

主催者は少なくとも5万人以上が参加しているとし、プラユット政権の発足以来、最大規模のデモとなっています。

集会では、国王に対する批判を禁じた憲法の条項を撤廃するなど、王制を改革する10の要求項目が読み上げられました。

また、抗議活動を主導するメンバーの人権派弁護士は「王制改革を訴えることで、私の自由が奪われるとしても全くかまわない」と述べ改革の必要性を強く訴えました。

デモに参加した女性は「今の時代、王室も人々に寄り添うべきです。もし、王室の透明性が高ければ、人々は受け入れるでしょうし、不敬罪は廃止すべきです」と話していました。

若者たちは20日、政府の施設などに向かって行進し、要望書を手渡すとしています。

これに対し、プラユット政権は、およそ1万人の警察官を配置して政府の施設の警備に当たらせるほか、軍にも出動の準備を命じるなど、デモ隊の行動に警戒を強めています。