長野 白馬村 「白馬大雪渓」大規模崩落で通行止め

長野 白馬村 「白馬大雪渓」大規模崩落で通行止め
k10012627251_202009200805_202009200806.mp4
登山者に人気がある長野県の北アルプス・白馬岳の「白馬大雪渓」を通るルートは、大規模な崩落が発生したため、20日から通行止めとなっています。
長野県白馬村の「白馬大雪渓」は、北アルプスの白馬岳と杓子岳にはさまれた谷にあり、夏でも雪の上を歩いて登山ができるルートとして人気があります。

村によりますと、ことしにかけての記録的な雪不足で積雪が少ないうえ、この夏の長雨と猛暑の影響でここ数日で急激に雪どけが進み、雪渓で大規模な崩落が発生したことが18日までに確認されました。

このため村は、登山者の安全確保のため20日からこのルートを通行止めにしています。

村は、年内の規制解除は難しいとして、白馬岳へは隣の小谷村側から向かう、う回ルートを利用するよう呼びかけています。

村には、登山を目的に例年、3万人以上が訪れますが、ことしは新型コロナウイルスの感染拡大で、山小屋が営業休止になるなど影響が及んでいて、登山に訪れる人は先月までの時点で去年の同じ時期の3割ほどに落ち込んでいます。

村は「異常気象で山岳観光のメインルートである大雪渓まで通れなくなり残念だ」と話しています。