坂本一億総活躍相「不妊治療の保険適用へ厚労省と連携」

坂本一億総活躍相「不妊治療の保険適用へ厚労省と連携」
不妊治療への保険適用について、少子化対策を担当する坂本一億総活躍担当大臣は、「厚生労働省とタッグを組んで取り組みたい」と述べ、政府内で緊密に連携して実現を図る考えを示しました。
不妊治療への保険適用について、菅総理大臣は、17日、田村厚生労働大臣と会談し、早急に検討を進めるとともに、適用が実現するまでの負担を軽減するため現在の助成制度を大幅に拡充するよう指示しました。

これについて、少子化対策を担当する坂本一億総活躍担当大臣は、閣議のあとの記者会見で、「不妊治療への支援を求める切実な声は本当に多く、保険適用や助成の拡充を検討することは当事者にとって大変心強いことだと思う」と述べました。

そして、公的保険を適用するには、対象年齢や所得制限などの検討が必要だとしたうえで、「内閣府でやれることはしっかりやり、厚生労働省とタッグを組んで取り組みたい」と述べ、政府内で緊密に連携して実現を図る考えを示しました。