茨城 家族4人殺傷事件1年 解決につながる情報提供者に懸賞金

茨城 家族4人殺傷事件1年 解決につながる情報提供者に懸賞金
茨城県境町の住宅で家族4人が殺傷された事件から1年となるのに合わせ、事件の解決につながる情報を提供した人に最高で100万円の懸賞金が支払われることになりました。
去年の9月23日、茨城県境町の住宅で、会社員の小林光則さん(48)と、妻でパート従業員の美和さん(50)が刃物で刺されて殺害され、中学生の長男(14)と当時、小学生だった次女(12)も重軽傷を負いました。

この事件について、発生から1年となる今月23日から3年間、解決につながる情報の提供者に最高で100万円の懸賞金が支払われることになりました。

これは地域住民や防犯協会、それに警察のOB団体などが設けるもので、警察で情報を受け付けます。

捜査関係者によりますと、家族を襲ったのは中肉の男で、黒っぽい帽子とマスク、それに黒っぽい長袖と長ズボンを身につけ、日本語を話していたということです。

情報は境警察署の捜査本部、フリーダイヤル「0120-007-285」で受け付けています。