ネット証券各社 出金先口座の不正変更防止へ 手続き見直す動き

ネット証券各社 出金先口座の不正変更防止へ 手続き見直す動き
ネット証券大手・SBI証券の顧客の証券口座から不正アクセスで合わせて9800万円が流出した問題を受けて、ネット証券各社は、被害を防ぐため、出金先の銀行口座が不正に変更されないように手続きを見直す動きが広がっています。
SBI証券は16日、不正アクセスによって顧客6人の証券口座から合わせて9864万円が流出する被害があったと発表し、金融庁は会社に対して、いきさつや原因などを詳しく調べて報告するよう求める「報告徴求命令」を出しました。

何者かが偽造した本人確認書類を利用するなどして開設した銀行口座を不正アクセスで出金先の口座に変更されてしまったことで流出の被害が起きました。

このため、ネット証券各社の間では、被害を防ぐため出金先の銀行口座をウェブの手続きでは変更できないようにする動きが広がっています。

これまでにSBI証券に加えて、楽天証券、マネックス証券、松井証券、それに、auカブコム証券がウェブの手続きを停止しました。

出金先の口座の変更は郵送やコールセンターなどで受け付けるということです。

利便性は低下するものの、各社は顧客の保護を最優先に対応していくとしています。

金融庁 各社に自主点検と被害確認を求める

金融庁は、日本証券業協会を通じて、各証券会社に対し、不正アクセスを防ぐ態勢を自主的に点検するよう求めました。

合わせて、今回の問題と同じような被害が出ていないか、可能なかぎり過去にさかのぼって確認し、被害があった場合は直ちに連絡するよう要請しています。

金融庁は、金融先物取引業協会にも、同じ内容の文書を送りました。