ゆうちょ銀行 不正引き出し 被害確認 計136件 2150万円に拡大

ゆうちょ銀行 不正引き出し 被害確認 計136件 2150万円に拡大
電子決済サービスを通じた預貯金の不正引き出し問題で、ゆうちょ銀行では新たに「支払秘書」というサービスを通じた被害がわかるなど、これまでに確認された被害が合わせて136件、2150万円に増えました。
ゆうちょ銀行の発表によりますと、17日の時点で7つの電子決済サービスで、不正な引き出しの被害が確認されたということです。

このうち、ウェルネットが提供する「支払秘書」というサービスで、31件、345万円の被害が新たに確認されました。

そのほか、
▽ドコモ口座で82件、1546万円、
▽PayPayで13件、135万円、
▽メルペイで3件、49万円、
▽Kyashで3件、23万円、
▽LINE Payで2件49万円、
▽PayPalで2件、1万円となっていて、
これまでに確認された被害は合わせて136件、2150万円に増えました。

ゆうちょ銀行は決済サービスの事業者と連携して全額を補償するほか、あらたに口座を連携させる際には本人確認で2種類の要素を必要とする「2要素認証」を取り入れるなどセキュリティー対策を強化するとしています。

ドコモ口座以外の電子決済サービスでも被害明らかに

この問題をめぐっては、ドコモ口座以外の電子決済サービスでも、銀行口座から不正に預貯金が引き出される被害が明らかになっています。

このうち、ウェルネットが手がける「支払秘書」では、平成29年8月のサービス開始以降、これまでに、口座からの不正な引き出しが合わせて35件、431万円確認されたとしています。
ゆうちょ銀行の被害が含まれていると見られますが、どの銀行の口座で被害があったかは明らかにしていません。

一方、「PayPay」では、ことしに入って、合わせて18件、265万円の不正な引き出しが確認されたとしています。
ゆうちょ銀行で13件、135万円、愛知銀行で3件、120万円、イオン銀行で2件、9万円の被害があったとしています。

また、「メルペイ」がゆうちょ銀行で3件、49万円の不正な引き出しがあったとしているほか、「Kyash」がこれまでに、ゆうちょ銀行で3件、23万円、イオン銀行で1件、30万円の不正な引き出しがあったとしています。