株価 値下がり 円高進み輸出関連銘柄に売り注文

株価 値下がり 円高進み輸出関連銘柄に売り注文
17日の東京株式市場、株価は値下がりしています。
日経平均株価、午前の終値は16日の終値より174円07銭安い2万3301円46銭、東証株価指数=トピックスは8.33下がって1636.02、午前の出来高は5億5786万株でした。

市場関係者は「アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会がゼロ金利政策を2023年末まで続ける見通しを示したことで一時、円高が進み、自動車などの輸出関連銘柄に売り注文が出た。16日のニューヨーク市場でIT関連の銘柄の株価が下落したことも投資家の慎重な姿勢を招いている」と話しています。