赤羽国土交通相「Go Toトラベルを中心にしっかりと支援」

赤羽国土交通相「Go Toトラベルを中心にしっかりと支援」
赤羽国土交通大臣は、初閣議のあとの記者会見で、「国民のために働く内閣の一員として現場第一主義を徹底し、国民に寄り添い、緊張感を持って取り組みたい」と述べました。
そのうえで「観光業は、すそ野が広く地域経済そのものだが、新型コロナウイルスで大変厳しい状況が続いている。地元の状況を聞きながら、Go Toトラベル事業を中心にしっかりと支援していく。また、少子高齢化で路線の維持などが難しくなっている公共交通機関もしっかりと支援する」と述べました。

また相次ぐ災害への対応については、「抜本的な防災減災対策を社会の中心に据えなければならない。河川については国や県、市町村が一体となって、上流から下流まで流域全体をふかんする流域治水の取り組みを中長期的に進められるようプロジェクトを立ち上げ防災や減災をすすめたい」と述べました。