岸防衛相「専守防衛で平和と安全を守り抜く方策を検討したい」

岸防衛相「専守防衛で平和と安全を守り抜く方策を検討したい」
岸防衛大臣は、初閣議のあとの記者会見で、ミサイル阻止に関する新たな方針について、「今月11日に発表された総理大臣の談話や、菅総理大臣の指示を踏まえ、憲法の範囲内で国際法を順守し、専守防衛の考えのもとで、厳しい安全保障環境において平和と安全を守り抜く方策を検討していきたい」と述べました。
また岸大臣は、日本の核武装の可能性について記者団から質問されたのに対し、「わが国は、唯一の戦争被爆国として非核三原則を国是として堅持しており、核兵器を持つことは決してないと考えている」と述べました。