梶山経済産業相「コロナ克服と経済活動の両立は喫緊の課題」

梶山経済産業相「コロナ克服と経済活動の両立は喫緊の課題」
梶山経済産業大臣は、初閣議のあとの記者会見で、「新型コロナウイルスの克服と社会経済活動の両立は喫緊の課題であり、経済産業行政に一刻の遅滞も停滞も許されない。しっかりと職責を果たして参りたい」と抱負を述べました。
また梶山大臣は、菅総理大臣が中小企業の再編に前向きであることについてどう考えるか記者団から問われたの対し、「これまでも中小企業が活動しやすい方策を議論してきた。その中で中小企業の枠組みも考える必要があるという意見もある。どう対応するかはこれからの課題だ」と述べました。