上川法相「信頼回復 国民にとって身近な司法の実現に全力」

上川法相「信頼回復 国民にとって身近な司法の実現に全力」
上川法務大臣は、初閣議のあとの記者会見で、「現在の法務省は国民の皆様からの信頼が損なわれている状況にあると言わざるをえない。負の遺産ともいうべきものがあれば、即刻、整理をして、信頼回復を図り、国民にとって身近な司法の実現に全力を尽くしていく」と述べました。
そのうえで、東京高等検察庁の黒川元検事長が賭けマージャンの問題で辞職したことを受けて設置された法務・検察行政刷新会議について「よりいっそうの信頼を得ていく上では、スピード感を持って取り組むことが大事だ。できるかぎり早期に、議論の結果をお示しいただけるよう努力をしていきたい」と述べました。