スマホ決済サービスとの連携を一時停止 大垣共立銀行 岐阜

スマホ決済サービスとの連携を一時停止 大垣共立銀行 岐阜
「ドコモ口座」以外のスマホ決済サービスでも、ゆうちょ銀行の口座からの不正な引き出しが確認されたことを受け、岐阜県大垣市に本店がある大垣共立銀行は、提携するすべてのスマホ決済サービスとの連携を一時停止すると発表しました。
スマホ決済サービスをめぐっては、NTTドコモが手がける「ドコモ口座」以外のサービスを通じても、ゆうちょ銀行の口座から貯金が不正に引き出される被害が相次いでいます。

これを受けて、大垣共立銀行は「LINE Pay」や「楽天Edy」など4つの決済サービスについて、銀行口座とひも付けるための新規登録やチャージする手続きを17日午前0時から一時停止すると発表しました。

大垣共立銀行では、すでに連携を停止している「ドコモ口座」を通じて16日午後7時までに9件、合わせておよそ180万円が不正に引き出されたことが確認されているということです。

今回の措置で提携するすべてのサービスでチャージなどができなくなりますが、セキュリティー対策を強化できるまで再開時期は「未定」だとしています。

大垣共立銀行では「お客様にはご不便やご心配をおかけしますが、ご理解いただくようお願い申し上げます」とコメントしています。