菅首相任命の親任式と新閣僚らの認証式 皇居で行われる

菅首相任命の親任式と新閣僚らの認証式 皇居で行われる
k10012621681_202009162026_202009162027.mp4
菅総理大臣を任命する親任式と、新しい内閣の閣僚らの認証式が16日夜、皇居で行われました。
皇居では午後5時40分すぎ、菅総理大臣が宮殿の車寄せに到着し、その後、加藤官房長官や河野行政改革担当大臣など新内閣の閣僚らが次々と宮殿に入りました。
はじめに、宮殿の「松の間」で、天皇陛下が総理大臣を任命する親任式が行われました。

衆参両院の議長らが見守る中、天皇陛下が菅総理大臣に「内閣総理大臣に任命します」と述べられ、安倍前総理大臣から菅総理大臣に任命書が手渡されました。

続いて行われた認証式では、新しい内閣の閣僚らが1人ずつ天皇陛下の前に進み出て、親任式を終えたばかりの菅総理大臣から任命書を受け取りました。

そして天皇陛下が「重任ご苦労に思います」と、1人1人にことばをかけられました。
このあと、菅総理大臣と各閣僚は宮殿で記念撮影を行い、初めての閣議に臨むため総理大臣官邸に向かいました。