「あなたも被害に…」ドコモ口座 便乗の特殊詐欺相次ぐ 新潟

「あなたも被害に…」ドコモ口座 便乗の特殊詐欺相次ぐ 新潟
ドコモ口座を通じた預貯金の不正引き出し問題に乗じ、「あなたの口座も被害に遭っている」と、うその電話をかけてキャッシュカードなどをだまし取ろうとする特殊詐欺の手口が、新潟県内で相次いでいることが分かりました。14日に80代の女性が、この手口で口座から現金を引き出される被害も出ていて、警察が注意を呼びかけています。
警察によりますと、14日、上越市に住む80代の女性の自宅に、警察官を名乗る男から「上越市内でドコモ口座の不正引き出しの被害が出ている。あなたの口座も被害に遭っているので、これからキャッシュカードを受け取りに行く」と、うその電話がありました。

女性は自宅を訪れた男にカードを渡すと、封筒に入れるとともに印鑑も持ってくるよう指示されました。

その後、男から「今度また取りに来る」と、カードの入った封筒を渡されましたが、別のカードとすり替えられていたということです。

女性が家族に相談し口座を確認したところ、すでに28万円余りが引き出されていたということで、警察は特殊詐欺事件として捜査しています。

警察には、ドコモ口座の不正引き出し問題に乗じキャッシュカードを要求したり、暗証番号を聞き出そうとしたりする不審な電話についての通報が、新潟県内で、このほかに3件寄せられているということで、警察はこうした電話には絶対に応じないよう呼びかけています。

四国銀行と高知銀行 電子決済による入金停止へ

ゆうちょ銀行が連携する電子決済サービスを通じて、不正に貯金が引き出されていた問題を受けて、高知市に本店を置く四国銀行と高知銀行は、安全性を確保するためとして17日から電子決済サービスへの入金を停止することを決めました。

ゆうちょ銀行はドコモ口座など、12の電子決済サービスと連携していますが、これまでにサービスを通じて1811万円の貯金が不正に引き出されていたことが確認されています。

これを受けて四国銀行は、PayPayや楽天Edyなど、連携する7つの決済サービスすべてについて17日午前0時以降、預金から入金できなくします。

高知銀行もLINE Payやメルペイなど、連携する4つのサービスすべてで17日午前9時から入金を停止します。

これと合わせて両行は、決済サービスへの口座の新規登録も17日から停止するとしています。

両行とも、これまでに被害は確認されていませんが、顧客の安全性を確保するための措置だとしていて、身に覚えのない口座の取り引きがあった場合は、近くの営業店に連絡するよう呼びかけています。