ゆうちょ銀行 不正引き出し これまでに109件 1811万円被害確認

ゆうちょ銀行 不正引き出し これまでに109件 1811万円被害確認
ゆうちょ銀行は、連携する電子決済サービスを通じて不正に貯金が引き出されていた問題で、これまでに合わせて109件、1811万円の被害が確認されたと発表しました。銀行は全額を補償する方針で、事業者とともにセキュリティー対策の強化を図るとしています。
ゆうちょ銀行はドコモ口座など12の電子決済サービスと連携していますが、これまでに連携先から報告を受けた不正引き出しの被害や、現在のサービスの状況を明らかにしました。

それによりますと10のサービスを停止し、合わせて109件、1811万円の被害が確認されたとしています。

もっとも多いのは
▽ドコモ口座で82件、1546万円、
次いで
▽PayPayで17件、141万円、
▽メルペイで3件、49万円、
▽Kyashで3件、23万円、
▽LINE Payで2件、49万円、
▽PayPalで2件、1万円、
▽「支払秘書」のウェルネットは『調査中』としています。

いずれも、ことしに入ってから不正な引き出しがあったとみられるとしています。

ゆうちょ銀行は被害は全額を補償する方針で、田中進副社長は会見で「広くお客さまにご迷惑をおかけして深くおわびします。連携先に対してセキュリティー対策で協力してもらえるようもっと汗をかくべきだった」と述べました。

被害が相次いだことを受けて、ゆうちょ銀行と決済サービスの事業者は、16日以降、新たに口座を連携させる際には本人確認で2種類の要素を必要とする、『2要素認証』を取り入れるなどセキュリティー対策を強化するとしています。