SBI証券 顧客6人の証券口座から計9800万円余流出 全額補償する

SBI証券 顧客6人の証券口座から計9800万円余流出 全額補償する
ネット証券大手の「SBI証券」は不正アクセスによって、顧客6人の証券口座から合わせて9800万円余りが流出したと発表しました。会社は被害の全額を補償することにしています。
SBI証券の発表によりますと不正アクセスの被害に遭ったのは会社の顧客6人で、株式を本人に無断で売却するなどの手口で、それぞれの証券口座から、ゆうちょ銀行の5口座と三菱UFJ銀行の1口座に現金が流出したということです。

被害額は合わせて9864万円に上ります。

今月7日、顧客の1人から「身に覚えのない取り引きがある」という連絡を受けて調べたところ、今回の被害が分かったということです。

会社では、第三者が偽造した本人確認書類を利用するなどして、流出先の銀行口座を不正に開設していたとしています。

また、この第三者は何らかの方法でSBI証券の、顧客のユーザーネームやログインパスワードなどを、取得したとみられるということです。

SBI証券は、これらの情報は自社のシステムから不正取得されたものではないと説明していますが、被害の全額を補償することにしています。

会社は「お客様にご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」と陳謝するとともに、専用のフリーダイヤルで顧客からの相談を受け付けています。

電話番号は0120-213-384です。