NY市場 ダウ平均 小幅な値動き 円相場は1ドル105円台前半

NY市場 ダウ平均 小幅な値動き 円相場は1ドル105円台前半
15日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価は小幅な値動きでした。
15日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価の終値は、前日に比べて2ドル27セント高い、2万7995ドル60セントでした。

この日は経済指標の内容を好感して、ダウ平均株価は200ドル以上値上がりして取り引きが始まりましたが、その後は売り注文が出て前日の終値を挟んだ値動きとなりました。

一方でIT関連銘柄には買い戻しの動きが続き、こうした銘柄の多いナスダックの株価指数は2日連続で大きく値上がりしています。

円相場は半月ぶりに1ドル=105円台前半まで円高ドル安が進んでいます。

市場関係者は「アメリカの金融政策を決める公開市場委員会が始まり、翌日にはFRBのパウエル議長の記者会見も予定されていることから、取り引きを控える投資家も多かったようだ」と話しています。