100回目のサッカー天皇杯 きょう開幕

100回目のサッカー天皇杯 きょう開幕
サッカー日本一を争う天皇杯は16日開幕します。新型コロナウイルスの影響による大会方式の変更で今大会はJリーグ勢の参加が4チームにとどまり、アマチュアのチームが上位に進出するチャンスが例年より多くなっています。
100回目の節目を迎えるサッカー天皇杯は16日開幕し、都道府県代表のチームどうしの1回戦、16試合が行われます。

新型コロナウイルスの影響で、今回の参加チームは例年の88より大幅に少ない52に絞って行われます。

このうちJリーグでは、今シーズンのJ1の上位2チームとJ2、J3の上位1チームの合わせて4チームにとどまっているため、今回はアマチュアのチームが上位に進出するチャンスが例年より多くなっています。

ただ、天皇杯の見どころの1つで、大学や社会人のチームがJリーグ勢などを倒すいわゆる「ジャイアントキリング」の機会は少なくなっています。

サッカー天皇杯は16日から3か月余りの日程で行われ、決勝は来年の元日、東京の国立競技場で行われます。