“毒殺”未遂から回復 ナワリヌイ氏 SNSに写真投稿

“毒殺”未遂から回復 ナワリヌイ氏 SNSに写真投稿
旧ソビエトで開発された神経剤で襲われたとみられるロシアの野党勢力の指導者、ナワリヌイ氏が15日、病院で回復した様子の写真を初めて自身のSNSに投稿しました。
ロシアでプーチン政権を批判してきた野党勢力の指導者ナワリヌイ氏は先月、ロシア国内を旅客機で移動中に突然体調の異変を訴え、現在はドイツの大学病院で治療を受けています。

ナワリヌイ氏は一時意識不明になったものの、その後の治療で回復しつつあると伝えられていて、15日、自身のSNSに、病室で家族と撮影した写真を初めて投稿しました。

ナワリヌイ氏は妻に支えられてベッドで上半身を起こしていて、いくぶん痩せたように見えるものの、カメラの方向をしっかり見つめていることから、回復している様子がうかがえます。

写真とともに「こんにちは、ナワリヌイです。きのうは一日中、人工呼吸器を外して息をすることができました」といったコメントも添えていて、投稿から1時間で37万件を超える反応が寄せられていました。

一方、ロシアの情報機関、対外情報庁のナルイシキン長官は15日、今回使われたとされる神経剤「ノビチョク」について「ロシアではすべて廃棄されており、保有も製造もしていない」として、ロシア政府の関与を改めて否定しました。