万博担当相に井上信治氏 起用の意向固める 菅新総裁

万博担当相に井上信治氏 起用の意向固める 菅新総裁
16日に行う組閣人事で自民党の菅新総裁は、2025年に大阪で開かれる万博の担当大臣に、麻生派の井上信治元環境副大臣を起用する意向を固めました。井上氏は初めての入閣です。
井上氏は、衆議院東京25区選出の当選6回で、50歳。自民党麻生派に所属しています。

国土交通省の職員を経て、平成15年の衆議院選挙で初当選し、これまでに環境副大臣や衆議院内閣委員長などを歴任しました。現在は、党の選挙対策委員長代理を務めています。

環境副大臣当時には、原発事故で被害を受けた福島県をたびたび訪れ、除染の実施や中間貯蔵施設の整備などに取り組みました。

菅新総裁としては、井上氏が、都市政策や災害対策をはじめ、幅広い政策に精通していることを評価し、入閣させるものとみられます。

井上氏は初めての入閣です。

井上氏の趣味はマラソンで、地元の東京・青梅で開催されているマラソン大会には毎年出場しています。去年の大会では、10キロの部で50分16秒の自己ベストを更新しました。さらなる好記録を目指して日々走り込んでいるということです。