100歳以上の高齢者 初の8万人超え このうち女性は88%

100歳以上の高齢者 初の8万人超え このうち女性は88%
全国の100歳以上の高齢者は、ことし初めて8万人を超えたことが分かりました。
厚生労働省は今月1日時点の住民基本台帳をもとに、100歳以上の高齢者の数を公表しました。

それによりますと、15日までに100歳以上になる人は、全国で合わせて8万450人で、去年から9176人増えました。

1年間に増えた人数としては、統計を取り始めた昭和38年以降で最も多く、50年連続で過去最多を更新しています。

このうち女性は全体の88%に当たる7万975人、男性は9475人でした。

100歳以上の高齢者は、昭和38年には153人でしたが、平成10年に1万人を超え、今回、初めて8万人を上回りました。

人口10万人当たりの人数では島根県が最も多く127.6人、次いで、高知県が119.77人、鳥取県が109.89人でした。

一方、最も少なかったのは埼玉県の40.01人、次いで、愛知県が41.79人、千葉県が45.98人となっています。

また、国内の最高齢は福岡市に住む117歳の田中カ子さん、男性の最高齢は奈良市に住む110歳の上田幹藏さんです。

今年度で100歳になる人は海外に在住する人も含めると4万1802人で、厚生労働省は長寿を祝って記念品を贈ることにしています。

田中カ子さん「存命中の世界最高齢」に認定

117歳で国内最高齢の田中カ子さんは、ギネス世界記録で「存命中の世界最高齢」にも認定されています。

厚生労働省によりますと、福岡市内の介護施設で元気に暮らしていて、長寿の秘けつについて「おいしいものを食べて計算などの勉強をすることです」と話しているということです。