合流新党「立憲民主党」 きょう結党大会

合流新党「立憲民主党」 きょう結党大会
k10012618261_202009150756_202009150949.mp4
合流新党の立憲民主党の結党大会が、15日開かれます。枝野代表ら新たな執行部が決定され、150人規模の野党第1党が正式に発足します。
立憲民主党と国民民主党などの合流新党、「立憲民主党」は、15日、衆参両院の所属議員が参加して東京都内のホテルで結党大会を開くことにしています。

大会では、枝野代表をはじめ、福山幹事長、泉政務調査会長、安住国会対策委員長、それに、平野代表代行兼選挙対策委員長の新たな執行部体制を決定します。

そして、「『自由』と『多様性』を尊重し人間が基軸となる『共生社会』を創る」とした綱領などを決め、150人規模の野党第1党を正式に発足させることにしています。

「立憲民主党」としては、菅・新政権との国会論戦に臨む態勢をすみやかに整えるとともに次の衆議院選挙に向けて、候補者調整など準備を急ぐ方針で党内融和を図りながら、「政権の選択肢」として存在感を示していけるかが問われます。

一方、15日は、合流新党に参加しなかった議員でつくる、新しい「国民民主党」の設立大会も開かれ、玉木・新代表のもとで、活動をスタートさせることにしています。