北京駐在の米大使 米中対立の中退任へ 理由は明らかにせず

北京駐在の米大使 米中対立の中退任へ 理由は明らかにせず
アメリカと中国で、互いの外交官の活動を制限する措置をとるなど対立が激しさを増す中、アメリカ国務省は2017年から北京に駐在してきたブランスタド大使が退任すると発表しました。退任の理由は明らかにされていません。
北京にあるアメリカ大使館は14日夜、声明を発表し、ブランスタド大使が来月上旬に退任すると発表しました。

声明によりますと、ブランスタド大使は先週、トランプ大統領に電話で辞意を伝えたということですが、理由については明らかにされていません。

ポンペイオ国務長官は発表に先立ち、ツイッターに「ブランスタド大使は米中関係を互恵的で公正なものにするために貢献してきた。大使の3年を超える務めに感謝する」と投稿しました。

アメリカ中西部アイオワ州の知事を務めていたブランスタド氏は、習近平国家主席と長年にわたる親交があることで知られ、トランプ政権発足後、2017年から大使を務めてきました。

ただ任期中は中国による香港国家安全維持法の施行や、貿易摩擦などをめぐり米中関係は悪化し、今月も、アメリカが中国の外交官に対し地方自治体の関係者などと面会する際に許可を義務づける措置をとったことに対抗して、中国がアメリカの外交官の活動を制限する同様の措置をとるなど、両国の対立は激しさを増しています。

大使は中国版ツイッターのウェイボーに声明

ブランスタド大使は、中国版ツイッターのウェイボーに声明を出し、「この3年余り、アメリカ大統領とアメリカ国民を代表することができ、至極光栄に思います。われわれは、両国が公正、対等で、プラスの成長に進むよう米中関係のバランスを再調整しており、その努力は続くだろう」と強調しました。

そのうえで、「離任にあたり、ここに着任した時と同じように楽観的な気持ちです。中国では非常に多くのすばらしい人々に会いました。妻のクリスと私は皆さんの温かいおもてなしを決して忘れません」と今の心情を記しています。

中国外務省報道官「米発表のツイッターに留意」

中国外務省の汪文斌報道官は14日の記者会見で、「アメリカ側が発表したツイッターに留意している。ブランスタド大使が退任するという通知はまだ受け取っていない」と述べるにとどまりました。