米 ファーウェイへの半導体供給停止へ 日本企業にも影響か

米 ファーウェイへの半導体供給停止へ 日本企業にも影響か
アメリカ政府は15日、中国の通信機器大手、ファーウェイに対する半導体の供給をあらゆる面から止めるための規制を導入します。部品を納める日本企業も含め、影響が広がる可能性があります。
アメリカ商務省は、安全保障上の脅威に対応するためとして、15日から、アメリカの技術を活用してつくる半導体について、国外で製造されるものも含めてファーウェイへの供給を認めないようにする規制を導入します。

これまでも国内企業とファーウェイとの取り引きを制限してきましたが、アメリカ製の製造装置を使う台湾企業が半導体を供給するといった事例があったため、規制を強化してあらゆる面から供給を止めるねらいです。

ファーウェイはことし4月から6月までのスマートフォンの出荷台数が初めて世界首位になりましたが、半導体の調達が滞れば、スマホの生産に影響が及ぶと見られています。

また、スマホの部品を供給する日本の企業にも影響が広がる可能性があります。

トランプ大統領は、今月7日、中国との経済的なつながりを切り離すことを意味する「デカップリング」に言及し、「興味深いことばだ」と話すなど中国への強硬姿勢を強めていて、米中の対立が一段と深まっています。

スマートフォン 出荷や価格などに影響も

今回の規制強化を前に、ファーウェイのスマホ向けの半導体のほとんどを受注してきた台湾のメーカーは、出荷を取りやめる方針を示しています。

中国メディアによりますと、ファーウェイの幹部も先月、高性能の半導体の調達が困難になるという見通しを示しています。

会社によりますと、日本企業からの電子部品や素材などの調達額は、去年1年間で1兆1000億円余りあるということで、日本企業にも今後、影響が出る可能性もあります。

一方、今回の規制強化を受けて、中国では、ファーウェイのスマホ端末の価格に影響が出ています。

中国南部、深※センで正規店より安くスマホを販売する店舗の1つでは先月1日と今月13日の価格を比べると、多くの機種で日本円で1500円以上、値上がりしました。

また、別の店舗では最新の機種ほど値上がり幅が大きく、中には7000円以上、高くなったものもあるといういうことです。

正規店での価格に変化はないということですが、中国のネットメディアは、アメリカの規制でファーウェイの生産が止まると今の最新機種の希少価値が高まるという見方が値上がりにつながっていると伝えています。

販売店の店員の男性は、「市場に出回る端末の数が少なくなっていて、値上がりしている。性能の低い機種も正規店並みの価格に迫っていて売れなくなっている」と話していました。

(※セン=土偏+川)