自民党役員 二階幹事長続投 政調会長に下村選対委員長起用へ

自民党役員 二階幹事長続投 政調会長に下村選対委員長起用へ
自民党の役員人事で、菅新総裁は、二階幹事長を続投させ、政務調査会長には下村選挙対策委員長を起用する意向を固めました。
自民党は、14日午後、両院議員総会のあと、臨時の役員会や総務会を開き、新しい党役員人事を、菅・新総裁に一任することを決めました。

これを受けて、菅氏はこれまでに、二階幹事長を続投させる意向を固めました。菅氏としては、いち早くみずからへの支持を打ち出し、党内のとりまとめに手腕を発揮してきた二階氏を続投させることで、安定した政権基盤を築く狙いがあるものとみられます。
また、総務会長には、麻生派の佐藤・元総務大臣を起用する意向も固めました。
政務調査会長には細田派の下村選挙対策委員長を起用する意向も固めました。
さらに、石原派の森山国会対策委員長も続投させる方針を固めました。
一方、下村氏の後任の選挙対策委員長には竹下派の山口泰明氏を起用する方針です。

自民党は、15日午後、新たな執行部体制を発足させることにしています。