菅新総裁 総裁のいすに「やらなければならないという思い」

菅新総裁 総裁のいすに「やらなければならないという思い」
k10012617901_202009141938_202009141938.mp4
自民党の菅新総裁は、14日夜、記者会見のあと、党本部の総裁室に入りました。そして、総裁のいすにゆっくりと腰をおろしました。

菅新総裁は「やはり緊張する。責任感というか、やらなければならないという思いがする。国民にとって何が当たり前かを常に見極めながら、当たり前でないことを変えていこうと思う」と抱負を述べました。