円相場 小幅な値動き 自民党新総裁選出への反応は限定的

円相場 小幅な値動き 自民党新総裁選出への反応は限定的
週明けの14日の東京外国為替市場、円相場は小幅な値動きでした。
午後5時時点の円相場は、先週末と比べて26銭円高ドル安の1ドル=105円97~98銭でした。

ユーロに対しては、先週末と比べて1銭円安ユーロ高の1ユーロ=125円71~75銭でした。

ユーロはドルに対して1ユーロ=1.1863~65ドルでした。

市場関係者は「自民党の総裁選挙で、菅官房長官が新しい総裁に選出されたが、事前に優勢が伝えられていたこともあって、市場の反応は限定的だった。今週、アメリカと日本で相次いで開かれる金融政策を決める会合の結果を見極めようという投資家も多い」と話しています。