米 マイクロソフト TikTokの買収相手に選ばれなかったと発表

米 マイクロソフト TikTokの買収相手に選ばれなかったと発表
k10012616731_202009141950_202009141954.mp4
世界的に人気の動画共有アプリ、「TikTok」のアメリカ事業の買収をめぐって、IT大手のマイクロソフトは、買収相手として選ばれなかったと発表しました。アメリカメディアは、ソフトウエア大手のオラクルが交渉に勝ち残ったと伝えています。
マイクロソフトは、中国のIT企業、バイトダンスからTikTokのアメリカ事業を買収する交渉を進めていましたが13日、声明を出し、買収相手として選ばれなかったと発表しました。

一方、アメリカの複数のメディアは、関係者の話として、ソフトウエア大手のオラクルが交渉に勝ち残ったと伝えています。

詳しい内容は明らかになっていませんが、オラクルがアメリカ事業を完全に買収するのではなく、技術面のパートナーになる見込みだということです。

TikTokをめぐってアメリカのトランプ大統領は、利用者の個人情報が中国政府に悪用され、安全保障を脅かすおそれがあるとして、バイトダンスとの取り引きを今月下旬から禁じる大統領令を出したほか、アメリカでの事業を売却するようバイトダンスに命じました。

売却を決める期限は今月15日とされ、間際になって交渉が動いた形です。

一方、中国政府は先月、TikTokにも採用されているAI=人工知能などの先端技術を対象に海外移転の規制強化を打ち出していて、交渉がまとまった場合、米中双方の当局から最終的に承認を得られるかが焦点になりそうです。

中国外務省「経済的ないじめ 断固反対する」

TikTokのアメリカ事業の買収をめぐって、アメリカメディアがソフトウエア大手のオラクルが交渉に勝ち残ったと伝えていることについて、中国外務省の汪文斌報道官は14日の記者会見で、企業の具体的な活動についてはコメントしないとしたうえで、「アメリカは、何の証拠も示さないまま、国家の安全という概念を押し広げ、国家の力を乱用している。一部の分野でリードしているアメリカ以外の企業に対し、理不尽に抑圧し、さまざまな方法で脅迫している。アメリカの一部の政治家が力ずくで奪い取ろうというのが本当の意図であり、経済的ないじめという醜い姿を表していて、中国は断固として反対する」と述べました。