「スパイの妻」出演 蒼井優さん 高橋一生さんがコメント

「スパイの妻」出演 蒼井優さん 高橋一生さんがコメント
世界3大映画祭の1つ、イタリアのベネチア国際映画祭で黒沢清監督が監督賞に選ばれたことについて「スパイの妻」に出演した2人がコメントを発表しました。
「スパイの妻」では、太平洋戦争直前の1940年に国家機密を偶然知ってしまい反逆者と疑われた男性の役を高橋一生さんが演じ、主人公となる妻の役を蒼井優さんが演じています。

黒沢監督の受賞を受けて2人はコメントを発表し、このうち主演の蒼井優さんは「黒沢監督、銀獅子賞受賞おめでとうございます。ケイト・ブランシェットさんから監督のお名前が呼ばれた瞬間、現場の片隅で、モニターを静かに並んで見つめられていた、監督と奥様の後ろ姿を思い出しました。たくさんの映画仲間から連絡が入り、みんなとても興奮し、感動し、喜んでいます。黒沢監督、本当におめでとうございます。これからも監督の映画を楽しみにしています」と喜びを表現しました。
また、高橋一生さんは「ヴェネツィア国際映画祭監督賞受賞、心からお祝い申し上げます。この作品が世界で評価されることを嬉しく思います。黒沢監督のもと、あの空間、あのスタッフ、キャストと共に作品を作り上げていく時間は、最高の体験でした。これからも素晴らしい作品を楽しみにしております。おめでとうございます」とコメントしています。