大相撲秋場所初日 大関 朝乃山が遠藤に敗れ黒星スタート

大相撲秋場所初日 大関 朝乃山が遠藤に敗れ黒星スタート
大相撲秋場所は13日、東京 両国の国技館で初日を迎え、白鵬と鶴竜の両横綱が休場する中、大関 朝乃山が小結 遠藤に敗れ黒星スタートとなりました。
中入り後の勝敗です。

▽元横綱 朝青龍のおいで、新入幕の豊昇龍は逸ノ城に寄り切りで勝って、初日を白星で飾りました。

▽旭大星に松鳳山は旭大星が押し出し。

▽新入幕の翔猿に志摩ノ海は、翔猿が寄り切りで勝って白星スタートです。

▽琴勝峰に明生は琴勝峰がはたき込み。

▽魁聖に琴奨菊は琴奨菊が寄り切り。

▽千代大龍に琴恵光は千代大龍がはたき込み。

▽佐田の海に阿武咲は阿武咲が押し倒し。

▽炎鵬に若隆景は若隆景が押し出しで勝ちました。

▽竜電に徳勝龍は竜電が寄り切り。

▽碧山に輝は輝が押し倒し。

▽高安に宝富士は高安が寄り切り。

▽霧馬山に栃ノ心は霧馬山が寄り切り。

▽豊山に照強は照強が寄り切り。

▽隠岐の海に妙義龍は妙義龍が押し出し。

▽新関脇 大栄翔に玉鷲は玉鷲が突き落とし。

▽北勝富士に関脇 御嶽海は御嶽海が押し出し。

▽関脇 正代に隆の勝は正代が押し出し。

▽照ノ富士に大関 貴景勝は、貴景勝が先場所優勝した照ノ富士に押し出しで勝ちました。

▽大関 朝乃山に遠藤は遠藤がすくい投げ。朝乃山は、初日に黒星を喫しました。

秋場所初日の談話

新入幕の豊昇龍は初日白星に「前に出ることを考えていました。よく集中できていたので、勝ってよかったです。けがをしないように頑張っていきたいです」と話していました。

幕内に復帰した旭大星は、立ち合いから前に出続けて白星をあげ、「まだ初日なのでこれを続けないと。勝ち越しを目指したい」と目標を掲げ「1日一番、けがのないように頑張ります」と話していました。

翔猿も新入幕、初日白星に「見に来てくれるお客さん、テレビの前の人を元気づけられる相撲を取れたらと思います」と話していました。

大関経験者の琴奨菊は、「しっかりと踏み込めて、いい流れといい雰囲気の立ち合いだった」と笑顔を見せました。新型コロナウイルスの影響で出稽古が禁止されるなど難しい調整の中で秋場所も迎えたことについては「自分の相撲を追究し、相手にどうやったらしっかりと力が伝わるのか考えながらやっていきたい」と話していました。

今場所は前頭9枚目の炎鵬、完敗の相撲に「立ち合いでふわっといってしまった。一番よくない相撲で一番やってはいけないことをした。まあ、最悪の相撲だ。1日1日が勝負なので、きょうのような相撲は悔いが残るし見ている人にも失礼なので、もっといい相撲を取れるよう頑張りたい」と話しました。今場所は所属する宮城野部屋からただひとりの出場になったことについては「今まで横綱と石浦関に助けていただいてやってきたので、今場所は1人でできるということを証明したいし2人の分も頑張りたい」と決意を示していました。

先場所11勝の関脇 正代は、一気の攻めで圧倒し白星をあげ「初日だったので緊張したがいい立ち合いができてよかった。思い描いているように前に出る相撲が取れたと思う」と振り返りました。今場所は関脇が3人となりほかの2人に対して「世代も近い力士なので、負けたくない。自分の相撲を取れれば、ある程度、成績が残ると思うので、自分の相撲を取ることに集中している」と話していました。

同じく先場所11勝をあげた関脇 御嶽海は、「よかったかなと思う。しっかり前に出られたので初日なのでしっかり、ここからやっていくしかない」と心境を話しました。大関への思いについて問われると「まあそういうのは、ひそかに思っておけばいいかな」と話していました。

先場所優勝の照ノ富士を破って白星スタートの大関 貴景勝は、報道陣のオンラインでの取材に応じませんでした。

一方、敗れた照ノ富士は、「立ち合いでちょっと迷ってしまって中途半端になった。上位で相撲を取るが何も変わらない。出来ることをやるだけだ。先場所は先場所、今場所は今場所、どうこう考えていない、きょうもきょう。あすの一番に集中するだけ次の場所につながるように相撲を取りたい」と話していました。

大関 朝乃山は初日黒星、「自分が攻め急いで、焦ってしまった。きょうは負けてしまったがあすは切り替えて自分の相撲を取りたい」と話していました。

朝乃山を破った小結 遠藤は、「勝ててよかった。あまり細かいことを考えずにきょうの一番に集中するだけだった。また明日から頑張りたい」と淡々と話していました。